製品

製品のトップへ

デモの申し込み
詳しい流れ・手順はこちら
申し込みはこちら
  • looksoftware
  • SAP
  • BPO
  • Tivoli

Reverse Planet

製品概要

システム資産の「視える化」による効率向上や情報共有の簡易化

システム資産を「まるみえ」(可視化)にし、保守効率の向上や、属人化を緩和します

REVERSE PLANETとは、従来手作業で行っていた現行システムの把握を、 最新のリバースエンジニアリング技術を使い、機械的に解析することによって、 様々な角度からシステム構造の分析や修正に伴う影響範囲の調査をデータ項目レベルまで可能にしたツールです。

効率の良い開発保守の標準化を図りたいときに、

  • 「システム資産がブラックボックス化してわからない」
  • 「特定の担当者に依存(属人化)している。」
  • 「ドキュメントがシステムの実態に合っていない。」
  • 「内部統制への対応を行いたい。」
といった課題を解決します。

メリット・効果

  • ベテランから新人までの調査スキルの標準化により、保守要員のローテーションが可能となります
  • 調査結果をダイレクトにドキュメント化できるため、メンテナンス負荷が軽減されます

製品の特長

■使いやすいインターフェース

  • Windowsライクなユーザーインターフェースで、使いやすさを追求
  • 各機能間の切り替えがシームレスに遷移可能で、思考の継続を妨げない
  • 調査結果や生成したドキュメントは、全てCSV、Excel、HTML形式などのファイルに出力可能

■広範囲にわたる解析対象

  • メーカーに依存せず、複数の開発言語に対応し、オンライン、パッチ等を問わずにリソースを解析
  • プログラムソースだけでなく、運用ツールの定義情報、ライブラリ情報等も 解析。
  • プログラム・スライシング手法の実装による高度なデータ項目影響分析機能を実現。

■適用業務プログラムが大規模になるほど効果を発揮

  • 大規模システムを想定し、解析ソース量やパフォーマンスに十分配慮したリポジトリ&機能の設計。
  • 弊社の大規模システム開発ノウハウからの発想。システムが大規模であるほど、調査工数削減に効果を発揮。
  • 最大で5,000万ステップ規模の導入実績有り。

■お客様ごとのオーダーメイドツール

  • お客様のシステム特性に合わせ、解析ロジックや出力機能をカスタマイズ可能。
  • オブジェクト指向を取り入れ、コンポーネント型ツールを実現したことにより素早い対応が可能。

■万全のユーザーサポート

  • お客様毎に専属の担当者を配備。カスタマイズのご相談等、親身に対応。

導入事例

■REVERSE PLANETを導入頂いたお客様からの生の声をご紹介します。

  • 明確な見積もり根拠
    今までは、提示された見積根拠資料が妥当か否かという判断ができなかったのですが、現在の見積根拠資料は、REVERSE PLANETからのアウトプットをベースとしているので、改訂対象のプログラム本数からテスト対象範囲まで、とても解りやすくなりました。(A社)
  • 自社用カスタマイズ
    当社のシステムは、設立以来、数十年間使いこんできたシステムであり、当社独自の仕組みがあるため可視化するのは難しいと考えていましたが、カスタマイズによって対応が可能ということがわかり、導入を決断しました。(B社)
  • 調査手段の標準化
    調査手段の標準化に役立ちました。現在では、調査になくてはならないシステムになっています。(C社)
  • 作業効率アップ
    ホストと比較してレスポンスが断然速く、平均で50~60%、作業効率がアップしました。(D社)
  • 既存文書との提携
    ドキュメントリンク機能で既存のWORDやEXCEL等の文書ファイルを引っ張ってくることができるので、今までの資料を捨てることがなく、大変便利です。(E社)
  • 属人化の解決
    当社のシステムを構築してきた経験者の皆さんが定年を迎え(2007年問題)、今後のメンテナンスに影響がでることを危惧していましたが、若手社員で同じような作業結果が得られるため、最善の解決策になりました。(F社)

製品詳細

■REVERSE PLANETのポイント

  1. システム構造と影響の可視化
  2. 高精度の調査が瞬時に完了
  3. ドキュメントは常に最新
  4. スキルに依存しない

■REVERSE PLANETのイメージ

構造分析機能により、分析した結果をあらゆる角度で参照、検索することができます。また影響分析機能により、修正による影響範囲を事前に照会が可能。システムダウンやトラブルを未然に防止することができます。

■構造分析機能

  1. システム/サブシステムの括りからジョブ、プログラム、モジュール、データ項目までの構造をトップダウンの 観点で解析できます。
  2. 調査の目的に合わせた機能により、簡単な操作で グラフィカルに最新のプログラム構造やデータレイアウトが照会できます。
  3. 新たな参画メンバーもシステム熟練者も同等なレベルで調査ができます。

■影響分析機能

  1. 影響分析機能により、アプリケーション修正による 影響範囲を正確、網羅的に且つ効率的に把握することができます。
  2. 新たな参画メンバもシステム熟練者も同等なレベルで調査ができます。

■REVERSE PLANET稼働環境

ハードウェア環境 ソフトウェア環境
サーバー
  • CPU :Pentium4 2GHz以上
  • メモリ :2GB以上
  • ハードディスク:50GB以上の空き容量

※対象システムとして100万ステップを想定

サーバー
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft SQL Server 2008
クライアント
  • CPU :Pentium4 1.5GHz以上
  • メモリ :512MB以上
  • ハードディスク:100MB以上の空き容量
クライアント
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Vista Business

※ハードウェア環境については、お客様のシステム特性によって異なりますので、ご相談ください。

お問い合わせ

  • 製品についてお問い合わせ
  • 製品について資料請求
  • 製品のデモのお申込み

このページの上部へ