製品

WebReport

製品概要

Webブラウザでデータベースを簡単フル活用!

社内に散在する『眠るデータ』を誰もが簡単に『活きた情報』に変えられる

WebReport 2.0は多彩な切り口でデータを加工する機能を揃え、経営分析、顧客分析、販売分析などの各種分析を強力に支援します。

メリット・効果

■ Webブラウザより視たい時に視たい形でデータベースを参照できる

  • ブラウザ上で誰でも自由にデータ分析
    多くの人が利用するブラウザをインターフェースに使用
  • 手間要らず
    クライアントに専用ソフトをインストールする必要がありません

■ 強固なセキュリティと内部統制に対応したログトレーサビリティ

  • Serverによる集中管理
    ID/パスワード管理はもちろん個人やグループ゚でのきめ細かな権限設定が行えます
  • ログトレーサビリティ
    誰がいつ何のDBへアクセスしたかすべてを記録追跡

■ 経営層からライン担当者まで幅広く使えるユーザーインターフェース

  • やさしいインターフェースで専用教育不要
    直感的な操作で照会者はメニューをクリックするだけ
  • ダッシュボード゙で視覚へ訴える
    ひと目でわかるダッシュボード゙機能を標準搭載

■ 親みやすくシンプルな操作感とExcelとの高い親和性

  • ノンプラミングで定義設計
    定義設計はGUIから直感的に簡単設計
  • さらに広がるExcelでのデータ活用
    照会結果をワンクリックでExcelへ反映します

製品の特長

自分のPCで自由に分析できる

  • レポートデータをCSV/Excel形式でエクスポートが可能
  • グラフからドリルスルー、他のグラフヘのリンクが可能
  • Excelで作成した参照データで検索、レポート作成が可能
  • 自由なブラウザ画面(表示設定/集計項目)設定が可能
  • セキュリティに強い、個人の認証機能を採用
  • 1つの入力値を複数の検索条件で使用が可能
  • 階層化されたメニュー設定が可能
  • 多次元分析(キューブ)機能を搭載。

Nonプログラミングで簡単設計

製品詳細

■稼働環境

プラットフォーム IBM System x / IBM e Server xSeries IBM System i5 /
IBM eServer iSeries
サーバーOS Windows 2000 Server / Windows Server 2003 RedHat Enterprise Linux AS3/4, ES3/4 i5/OS,OS/400 V5R1(*)/
V5R2/V5R3/V5R4
アプリケーション
サーバー
WebSphere V5.02/5.1/6.0/6.1
Tomcat4.1
WebSphere V5.02/5.1/6.0/6.1
(グラフ機能を使用する場合V5.1以上)
管理データベース DB2 UDB 7.2/8.1/8.2(WE/EE/Exp/Exp-C) DB2 UDB Express-C (DB2 UDB for iSeries)
対象データベース DB2 UDB 7.2以上
DB2 UDB for iSeries
Oracle 8i/9i/10g
SQL Server2000/2005
DB2 UDB for iSeries
クライアント Windows 2000 Professional/XP Professional/Vista Business 32ビット版
Internet Explorer 5.5SP2/6.0SP1以降

* V5R1の場合、一部使用できない機能があります。

CUBEサーバー
ハードウェア IBM System x / IBM e Server xSeries
CPU:3GHz以上 Memory:2GB以上 DISK:30GB以上(データ量に応じて)
IBM System i5 / IBM e Server iSeries
ソフトウェア Windows 2000 Server SP2以上 / Server 2003 RedHat Enterprise Linux AS3/4,ES3/4 i5 OS,OS/400 V5R1/V5R2/V5R3/V5R4

お問い合わせ

  • 製品についてお問い合わせ
  • 製品について資料請求
  • 製品のデモのお申込み

このページの上部へ