製品

looksoftware

openlook

製品概要

RPG Open Accessとは?
RPGプログラムをGUI化・Web化することです。今までRPGプログラムの知識がないと作成・修正ができなかったようなプログラムを、誰でも利用できるようにPCブラウザやi Phone、i Padといった端末でWebから操作できるようになります。

「IBM Rational Open Access RPG」と「openlook」 元来RPG Open Accessは「IBM Rational Open Access RPG」で行われてきました。しかし「IBM Rational Open Access RPG」では、結果的にRPGプログラムの知識が必要となります。またPCやi Phone、iPadごとにRPGハンドラーを必要とするので作業が煩雑になりがちでした。
「openlook」はRPGプログラムの知識がなくともGUI化・Web化することができる上に、openlookパッケージ専用のハンドラーを1つだけ追加するだけで、PCやi Phone、i Padまで複数のチャネルにマルチ・チャネル化を行うことができます。

openlookデモンストレーション

デモンストレーションでは、実際の5250画面からGUIを作成しています。
簡単に変換することができ、直観的に操作できるGUIが作成できることを、皆様の目でお確かめ下さい。

openlook動画デモ
※動画はシングルクリックでご覧いただけます。

メリット・効果

⇒looksoftwareハンドラーがnewlookの開発コストを下げ、より効果的・高精度のWeb化・GUI化を実現します

RPGのネイティブユーザーにとって・・・・

openlook 利用の効果例

サブファイルのスクロールを完全にサポート
従来では5250の制限により、サブファイルの情報をスクロールすることができず、ページ単位での移動が必要でした。openlookはそうした5250の制限を解放するので、サブファイル画面でのスクロールを可能にします。
手入力の省略
従来ではnewlookを用いてフィールドの属性を変更し、数値やY/N入力を手入力する必要がありましたが、openlookを用いることで、選択候補や数値の上下限を自動的にユーザーに示し、操作を簡単にします。

製品の特長

  • RPGから以下のようなデバイスを直接操作可能に
    –モバイル(iPhone , iPad , android), XML, JSP, Webサービス
    –ベンダーが独自の”ハンドラー”を開発し, 5250以外のインターフェースをRPGで実装することが可能
    –※Rationl オープン・アクセス RPGエディションが必要
  • IBM i 7.1 と 6.1をサポート
  • openlookによる接続が5250データストリームによる制限を解放
  • RPGソースコードのビジネスロジックのみでマルチ・デバイス/接続をサポート
  • openlook は簡単かつスピーディにハンドラーを作成
    ハンドラーはすべてコマンドのみで作成可能です。
    手順はたったの3ステップ!
    ※RPG3のソースコードの場合、事前にRPG ILEにコンバートする必要があります

導入事例

スタフォード(Stafford)社 - 事例紹介

RPG OA(Open Access)を利用することにより、スタフォード社はモバイル技術(iPhone,Webブラウザー、Webサービス)を有効利用したプラットフォームに移行することになりました。

⇒ 導入事例詳細へ

製品詳細

openlookの製品体系

ハードウェア要件

IBM 6.1 でサポートされているモデル
515, 520, 525, 550, 570, 595, 800, 810, 825, 870, 890, or MMA
BladeCenter® model 7998-61X
IBM 7.1 でサポートされているモデル
POWER7™: 8233-E8B, 9117-MMB, 9179-MHB, 8406-70Y, or 8406-71Y
POWER6/6+: 9407-M15, 9408-M25, 9409-M50, 8203-E4A, 8204-E8A,
8234-EMA, 8261-E4S, 9406-MMA, 9117-MMA, 9119-FHA, 7998-60X,
7998-61X, or 7778-23X
POWER5/5+: 9405-520, 9407-515, 9406-520, 9406-525, 9406-550, 9406-570, or 9406-595

ソフトウェア要件

IBM Rational Open Access: RPG Edition V1.1 (PID 5733-OAR) supports IBM i 6.1 and 7.1 operating systems.
PHP: Zendcore or Zendserver
Portable Application Solutions Environment (5761-SS1 option 33) – for Zendserver
IBM Portable Utilities for i5/OS (5733-SC1) – for Zendserver
RPG runtime 6.1 (5761-WDS) or 7.1 (5770-WDS) applicable PTFs.

お問い合わせ

  • 製品についてお問い合わせ
  • 製品について資料請求
  • 製品のデモのお申込み

このページの上部へ